IoTセキュリティとゲームセキュリティならホワイトハッカーのいる会社ネットエージェント

ネットエージェント

P2P IPアドレス調査サービス

組織が使用するIPアドレスが利用されていないかの調査

P2P調査 提供終了のお知らせ

平素はネットエージェント株式会社のP2P調査サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
2005年より提供してまいりましたP2P調査サービスですが、2019年9月末日をもちまして提供を終了させて頂くことをご案内申し上げます。長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

P2P IPアドレス調査サービスとは

IPアドレス調査サービスでは、P2P(ファイル共有ソフト)に参加し、ファイル共有を行っているノードが使用しているIPアドレス情報を調査することで、貴組織が使用するIPアドレスからP2Pが利用されていないかを確認します。貴組織内からのP2Pの利用が確認された場合、共有されているファイル情報を調査し、著作権違反・児童ポルノなどの違法なファイルが含まれていないかを調査することができます。

サービス事例

  • 無断で社員が会社のネットワークを使用し、P2Pを利用している実態の調査
  • 会社のフィルタリング設定をすり抜けてP2Pを利用している実態の調査
  • 会社の社宅や学校の寮などの業務とは異なるネットワーク環境でのP2P利用実態の調査
  • 管理する集合住宅などで1つのグローバルIPアドレスを複数の入居者で共有している環境でのP2P利用実態の調査

実施対応ファイル共有ソフト

  • Winny(ウイニー)
  • Share(シェア)
  • Perfect Dark(パーフェクトダーク)
  • LimeWire/Cabos(ライムワイヤ/カボス)
  • BitTorrent(ビットトレント)

※BitTorrent(ビットトレント)は、一部調査項目に対応していません。

調査内容と項目

IPアドレス調査サービスでは、調査対象となる各P2Pにおいて管理するグローバルIPアドレスが存在したかを調査します。調査期間は1ヶ月(基本、追加延長可)となります。

サービスの流れ

  1. STEP1

    インシデント発覚

    お客様からネットエージェントへの連絡

  2. STEP2

    訪問・説明

    調査営業担当による調査サービスの訪問・説明
    ・調査サービス内容の説明・提案

  3. STEP3

    打ち合わせ

    お客様と調査営業担当による打ち合わせ
    ・NDA(秘密保持契約書)締結
    ・調査に関する注意事項等の確認
    ・調査仕様書の確認
    ・打ち合わせた内容による調査費用の見積り内容の確認

  4. STEP4

    調査開始

    打ち合わせの結果、決定した調査項目、調査範囲に基づき調査を開始
    ・お客様指定のIPアドレスを持つノードの調査(各P2P)
    ・ノードが発見された場合、所有状態となっているファイルの調査
    ・ファイルが発見された場合、違法なファイルを含む可能性があるかどうかの分析

  5. STEP5

    報告会・調査終了

    報告書および調査データ(CD/DVD)などの納品

お問合せ・ご相談はお気軽に