IoTセキュリティとゲームセキュリティならホワイトハッカーのいる会社ネットエージェント

ネットエージェント

P2P定期監視サービス

過去の情報流出チェック

P2P調査 提供終了のお知らせ

平素はネットエージェント株式会社のP2P調査サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
2005年より提供してまいりましたP2P調査サービスですが、2019年9月末日をもちまして提供を終了させて頂くことをご案内申し上げます。長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

P2P定期監視サービスとは

定期監視サービスでは、P2P(ファイル共有ソフト)での情報流出を随時監視することで、万が一情報の流出が発生した際でも、初動対応までの時間の短縮、被害を最小限にとどめることができます。

サービス事例

  • 無断で社員が持ち帰った業務情報流出の警戒・監視
  • 関係会社・取引先からの自社に関する業務情報流出の警戒・監視
  • 業務情報や顧客情報の紛失および漏えいの2次被害の警戒・監視

実施対応ファイル共有ソフト

  • Winny(ウイニー)
  • Share(シェア)
  • Perfect Dark(パーフェクトダーク)
  • LimeWire/Cabos(ライムワイヤ/カボス)

※LimeWire/Cabos(ライムワイヤ/カボス)は、一部調査項目に対応していません。

調査内容と項目

定期監視サービスでは、毎週以下の調査項目を実施し、定期的に情報流出の有無を監視します。調査期間は3ヶ月からとなります。

サービスの流れ

  1. STEP1

    お客様からの連絡

    お客様からネットエージェントへの連絡

  2. STEP2

    訪問・説明

    調査営業担当による調査サービスの訪問・説明
    ・調査サービス内容の説明・提案

  3. STEP3

    打ち合わせ

    お客様と調査営業担当による打ち合わせ
    ・NDA(秘密保持契約書)締結
    ・調査に関する注意事項等の確認
    ・調査仕様書の確認
    ・打ち合わせた内容による調査費用の見積り内容の確認

  4. STEP4

    調査実施(毎週)

    打ち合わせの結果、決定した調査項目、調査範囲に基づき調査を開始
    ・お客様指定キーワードを含む流出したファイルの調査および入手
    ・流出したファイルを所有したノード(所有者)の情報およびノード数の追跡調査
    ※報告日前でもクリティカルな情報を事前に発見した場合は、適宜報告

  5. STEP5

    報告(毎週)

    報告書および調査データ(CD/DVD)などの納品

お問合せ・ご相談はお気軽に