情報漏えい対策・調査の会社ネットエージェント

ネットエージェント

P2P拡散防止サービス

拡散された情報の被害を最小化

P2P拡散防止サービスとは

P2P(ファイル共有ソフト)ネットワークへの情報流出が発見された際、被害を最小化するため、流出したファイルの情報と同じ情報(キー情報)を大量にネットワークに送信することで、新にファイルを取得することを抑止し、被害を最小限に防ぐことができます。

お客様へのご注意

拡散防止技術はネットエージェントだけの特許技術(特許第4438805)です。当技術を装った類似サービスにご注意ください。また、そのようなサービスを発見・勧誘された場合は直ちにネットエージェントまでご連絡ください。

サービス事例

  • 自社社員から流出した業務情報への拡散防止キーの送信
  • 関係会社・取引先から流出した自社に関する業務情報への拡散防止キーの送信

実施対応ファイル共有ソフト

  • Winny(ウイニー)
  • Share(シェア)

実施内容

拡散防止サービスでは、お客様が流出したファイルと同じ情報をもつダミー情報(拡散防止キー)を作成し、対象となるP2Pネットワーク上に大量に送信します。実施期間は1ヶ月からとなります。

拡散防止キーの効果

P2Pネットワーク上に拡散した駆除キー情報により、拡散を防止したい漏えいファイルのダウンロード成功率は、1/100~1/1000以下(弊社調べ)まで、格段に低下します。

サービスの流れ

  1. STEP1

    インシデント発覚

    お客様からネットエージェントへの連絡

  2. STEP2

    訪問・説明

    調査営業担当による調査サービスの訪問・説明
    ・インシデントの内容のヒアリング
    ・調査サービス内容の説明・提案

  3. STEP3

    打ち合わせ

    お客様と調査営業担当による打ち合わせ
    ・NDA(秘密保持契約書)締結
    ・インシデントの内容の詳細なヒアリング
    ・拡散防止に関する注意事項等の確認
    ・拡散防止仕様書の確認
    ・打ち合わせた内容による拡散防止費用の見積り内容の確認

  4. STEP4

    拡散防止開始

    打ち合わせの結果、決定した拡散防止対象ファイル、拡散防止期間に基づき拡散防止を開始

  5. STEP5

    報告会・施策終了

    報告会の実施、報告書の納品

お問合せ・ご相談はお気軽に