ネットエージェントでは、『快適でセキュアな企業ネットワーク環境』を手軽に実現する様々な各種アプライアンス・ソフトウェア製品を自社開発しております。

  • サイトマップ
  • English

P2P調査

2014年最新P2P利用状況調査結果

2014年1月ネットエージェント調べ

P2Pファイル共有ソフト利用による脅威は終わっていない!?
中堅のベテラン社員から管理職にあたる年齢が今も利用?

今もなお、定期的な利用者が15万~20万人

ネットエージェント株式会社では、2013~2014年の年末年始期間における、代表的なP2Pファイル共有ソフトウェアのWinny(ウィニー)・Share(シェア)・Perfect Dark(パーフェクトダーク)それぞれの利用者数(ノード数)を調査いたしました。

計測日毎の利用者数から、現在でもおよそ15万人~20万人が利用しているものと思われます。

2014年にかけての年末年始P2P利用者数(ノード数)

逮捕者の78%が、30代・40代。検挙・逮捕から見るP2P

2013年、警察によって一年間にP2P観測システムを利用した取り締まりの対象とされ逮捕・検挙に至った、P2Pファイル共有ソフトウェアを利用した違法行為の比率は、Shareの利用によるものが全体の50%と多く、次いでPerfect Dark、Cabos(カボス)*1、μTorrent(マイクロトレント)*2、と続いています。

さらに、上記の違法行為を犯罪種別の割合で見ると、著作権侵害、著作権法違反によるものが全体の66%と、圧倒的に多くなっています。この点から、共有可能なファイルサイズの制限(上限2ギガバイト)があるWinnyよりも、必然的により大容量なアニメ、ドラマ、映画をはじめとする、より高画質な映像系の著作権侵害のファイルが多く流通可能なP2Pファイル共有ソフトの方が、著作権法違反の対象ファイルがより多数流通し、結果として取り締まりの対象になる頻度も高くなったという事が推測されます。

*1: LimeWire(ライムワイヤ)等と同じくGnutella(グヌーテラ)ネットワークを利用するP2Pファイル共有ソフトウェアの一つ。
*2: BitTorrent(ビットトレント)ネットワークを利用するP2Pファイル共有ソフトウェアの一つ。

2013年P2Pサービス別検挙・逮捕者割合と、逮捕者犯罪種別

また、逮捕・検挙された年齢層を見てみると、30代~40代によるケースが全体の78%を占めており、これは一般の社会人に当てはめれば中堅~ベテラン社員、管理職にあたる年齢と言えます。
一般にP2Pファイル共有ソフトの利用は、まだ社会的意識の低い10代~20代に多いものと思われがちですが、数値を見る限り、どうやら実際のところは異なっているようです。

2013年P2P逮捕者年齢

P2Pを取り巻く動きと、取るべき対策 >

1 2