不正従業員調査サービス

ネットエージェント

不正従業員調査

社内情報持ち出し、職務怠慢、セクハラ・パワハラ、経費横領...
問題社員による内部不正の『 証拠の発見・復元 』『 事実確認 』を可能に!

相談無料!

裁判でも使える報告書をご提出!

調査実績13年以上の安心と信頼

こんな怪しい・迷惑な問題社員に心当たりはありませんか?

退職が決まっているのに、
不審な深夜残業が多い

許可のないメールや
Webサービスを使っている

業務に関係ないWebサイト
を頻繁に見ている

特定の従業員をひいき、
またはぞんざいに扱う

機密データなどの
社内情報持ち出し

経費着服
会社資金の横領

職務怠慢
不当な賃金請求

パワハラ・セク
ハラ・モラハラ

不正従業員調査なら、
内部不正の『証拠の復元』『証拠の発見』『事実確認』が可能です!

ネットエージェントの不正従業員調査は、問題社員による社内情報の持ち出しや、職務怠慢・ハラスメント・横領などの内部不正の兆候や疑いが確認された際に、調査対象となる機器をいち早く調査することで、内部不正の事実を明らかにする調査サービスです。

内部不正を食い止めるために、
被害を拡大させないために、
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
専門の調査員が、無料にてご相談を承ります。
問い合わせ電話番号

調査実施例

CASE1:機密データや社内情報の持ち出し

退職が決まっている社員が、担当業務を考えると不要なはずの深夜残業を行っており、機密情報や社内データを持ち出そうとしていないか不安...。
機密情報や社内データを夜な夜な持ち出そうとしていないか不安...。
持ち出しの有無を調べたい。
また、持ち出しているのであれば、何を持ち出していたか特定したい。

調査対象の機器に対し、情報持ち出しに使われた可能性のある手段の履歴などを調査し、社内情報が外部に持ち出されたかどうかを調査します。
また、削除された事実(証拠)の調査や、削除されたファイルの復元も可能です。

さかのぼり調査コース』での調査実施例

疑いのある従業員が使用するPCの「USB機器の接続履歴」を調べたところ、深夜に会社で管理されていないUSB機器の接続が判明。すぐにそのUSB機器を特定・回収し、情報持ち出しの証拠を押さえることができた。

現状把握コース』での調査実施例

疑いのある従業員が使用するPCから送信されたメールのデータを記録・調査したところ、その中から、社外秘の業務データが添付されたものを多数発見。
調査対象の従業員が、定期的に社内情報を持ち出していた証拠を押さえることができた。

CASE2:職務怠慢および不当な賃金の請求

特定の従業員が、仕事が詰まっていないにも関わらず残業ばかりしている...。
また、残業中に業務に関係ないサイトを頻繁に見ているとの噂もあった。
サボりの可能性があるので、それを裏付ける証拠と事実関係を明らかにしたい。

調査対象の機器に対し、Webサイトの閲覧履歴やプログラムの実行履歴などを調査することで、業務に関係のない行動があったかどうかを調査します。

さかのぼり調査コース』での調査実施例

疑いのある従業員が使用するPCのWebサイト閲覧履歴を調査したところ、毎日定期的に業務とは関係ないと考えられる動画サイトにアクセス していることが判明した。他にも、プログラムの実行履歴から、動画の再生ソフトが異常な回数実行されていることも判明し、職務怠慢の可能性が高いと思われる証拠を押さえることができた。
また上記に加え、当該のPCに保存されている、動画ファイルの拡張子として使われている「AVI・MP4・MOV・MPEG・MKV・WMV・FLV」のファイルをリスト化し確認したところ、違法にダウンロードしたと考えられる動画ファイルまで多数確認することができた。

現状把握コース』での調査実施例


疑いのある従業員が使用するPCで送受信される通信を専用機器で取得・解析した結果をレポートとして提出。 当該PCで閲覧されたWebサイトの特性をカテゴリ分けしたレポートから、残業にあたる時間帯に動画サイト・SNS・オンラインショップサイトなどのWebサイトを頻繁に閲覧していたことが明らかとなったことで、職務怠慢の可能性が高いと思われる証拠を押さえることができた。
また調査の中で、不正なサイト経由のマルウェア感染により行われたと思われる「不正な通信履歴」も見つかり、内部不正だけでなく、外部の攻撃者による情報窃取の疑いも発見することができた。

CASE3:パワハラ・セクハラ・モラハラ

ある従業員Aが、従業員Bに対し、
セクハラ(性的な冗談や食事等へ執拗に誘う等の行為)、
パワハラ(暴言や仕事の妨害等のいじめや嫌がらせのような行為)、
モラハラ(言葉や態度で嫌がらせをし、精神的にいじめるような行為)
をしていると内部告発があった。事実確認と裏付ける証拠の確保がしたい。

調査対象の機器に対し、やりとりされたメールの記録・復元や、削除された可能性のあるファイルの復元、ハラスメントに該当する可能性があるキーワードの検索などを実施をすることで、パワハラ・セクハラ・モラハラなどのハラスメント行為の有無を調査します。

さかのぼり調査コース』での調査実施例

告発文に、従業員Aが従業員Bを中傷するメールを送っていたと書かれていたため、従業員Aの所有PCを調査。
そのPCに存在していたファイルを復元し、中傷メールの一文をキーワードとして指定して全ファイルから検索したところ、削除されたファイルの中から中傷メールの下書きと思われる文書ファイルが検索にヒットした。
その他にも、メールの下書きとして保存されていたファイルの中から、従業員Bへのセクハラが疑われるメールなども見つかり、ハラスメント行為の事実に繋がり得る証拠を押さえることができた。

現状把握コース』での調査実施例

疑いのある従業員が使用するPCから、送信された会社メールのデータを専用機器で記録。
従業員Bに送信されたメールの履歴を抽出し、性的な内容や暴力的な表現が含まれた内容があるかどうかを調査したところ、該当するメールがいくつも発見され、ハラスメント行為の証拠を押さえることができた。

CASE4:経費の着服・会社資金の横領

監査機関から指摘があり、経理に不審な点があることがわかった。経費の着服や横領に繋がるような事実・証拠があるかどうか調査してほしい。

調査項目に縛られない、調査目的に応じた多角的な調査により、経費着服・横領に繋がる証拠を調査します。また『さかのぼり調査コース プラス』では、専門の調査員が作成した調査報告書を提出いたします。弁護士先生と相談する際に本報告書を「裁判時に『内部不正の証拠』として利用できるか」の検討材料としてご活用いただくことも可能です。

さかのぼり調査コース プラス』での調査実施例

疑いのある従業員が使用するPCに存在していたファイルの復元実施後、復元されたメールファイルの中に、出張費の横領につながる内容が確認された。
他にも、監査機関から指摘があった「不審な点のある見積書」と類似した見積書を当該PCから発見し詳細を調査したところ、金額部分が改ざんされていることが判明し、会社資金の横領が発覚した。
それらのファイルを整理し、調査報告書としてご依頼者様にご提出。その報告書は内部不正の証拠として、監査機関へと提出された。

内部不正を食い止めるために、
被害を拡大させないために、
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
専門の調査員が、無料にてご相談を承ります。
問い合わせ電話番号

お客様に選ばれる3つのポイント

最短3営業日で、調査結果をお渡し!

ネットエージェントのフォレンジック調査の実績は13年以上。これまで数々の案件を解決へと導いたノウハウが蓄積されています。そのため、丁寧かつ詳細な調査結果を、迅速にお渡しすることが可能です。

裁判でも使える調査報告書を提出可能!

さかのぼり調査コース プラス』なら、専門の調査員が作成した詳しい調査報告書をご提出。不正があったと疑われる事案を弁護士先生に相談する際、本調査報告書を「裁判時に『内部不正の証拠』として利用できるか」の検討材料としてご活用いただけます。

30万円から調査可能!

お客様のお悩みに合わせて、必要な調査コースを選べるから、調査費用の削減が可能!

調査メニュー

さかのぼり調査
コース
さかのぼり調査
コース プラス
現状把握コース
こんな方に最適
  • 過去に起きた内部不正を調べたい
  • 短期間で調査を実施し、
    すぐに結果が欲しい
  • 過去に起きた内部不正を調べたい
  • 詳細な調査報告書が必要
    (弁護士先生に「内部不正の証拠」として検討いただきたい場合等)
  • 今現在起きている内部不正を調べたい
  • 端末の取り外しや、長期間端末を預けていただくことが難しい
実施形態 対象となるハードディスク(HDD)をPC本体より取り出して実施

※PC本体より、HDDが取り外し困難な場合は追加費用になります。

対象となる端末を取り出して実施

※PC本体より、HDDが取り外し困難な場合でも追加費用は頂きません。

対象となる端末で送受信される通信を専用機器で取得して実施
調査対象 PC PC・スマートフォン・サーバ PC
調査対象OS Windows PC:Windows・Mac・Linux・その他
スマートフォン/タブレット:iOS・Android
特に制限はございません
最短報告日数 3営業日~ 5営業日~

※適宜中間報告を実施

10営業日~

(機器設置期間5日間を含む)

調査項目例

■PC調査
基本メニュー

  • Webアクセス履歴
  • ファイル復元
  • USB接続履歴(初回接続日時、最終接続日時、シリアル番号)
  • PCの起動とシャットダウン履歴
  • メールの復元(10GBまで)
  • Web検索履歴
  • ファイルへのアクセス履歴

オプション

  • 特定ファイル(拡張子)の調査(復元されたものも含む)
  • メールの復元(10GB以上)
  • リモートログオン調査
  • 指定キーワード(3つまで)による検索(復元されたものも含む)

■PC調査

  • Webアクセス履歴
  • ファイル復元
  • USB接続履歴詳細(接続毎の履歴)
  • 削除履歴
  • ログオン履歴
  • 社外宛メールの抽出
  • メールの復元(容量制限なし)
  • 指定キーワードによるメール検索
  • 指定キーワードによるデータ検索(削除されたものを含む)
  • 印刷履歴
  • リモートデスクトップ履歴
  • 不正隠蔽ツールの実行履歴
  • 開いたファイルの履歴(USB機器から開かれたものを含む)
  • Wi-Fi接続履歴

■スマートフォン調査

  • Webアクセス履歴
  • SMS抽出
  • メール抽出
  • 通話履歴抽出
  • アドレス抽出
  • Line会話履歴

■サーバ調査

  • アクセスログ解析
  • メールログ解析
  • イベントログ、設定ファイルの確認

上記などから、お客様のご要望に合わせてカスタマイズいたします。

■PC調査

メール

  • 不適切なキーワードへの該当数(誹謗中傷・退職勧告などに繋がり得るキーワード)
  • 不適切なキーワードを含むメールを送信元アドレス一覧

WEB

  • Webアクセス
    • カテゴリ別Webアクセス割合(社内業務・私的利用・その他)
    • 私的利用カテゴリ アクセス内訳
    • 私的利用カテゴリ 時間帯分布
  • ファイルアップロード
    • カテゴリ分布
    • 時間帯分布
  • ファイルダウンロード
    • カテゴリ分布
    • 時間帯分布

その他

  • マルウェア感染によるC2サーバへのアクセス有無
調査に
含まれるもの
  • 調査レポートのご提出
  • 詳細調査報告書のご提出
  • 調査報告会の実施
  • パケットキャプチャ機器貸与
  • レポートのご提出
報告書
サンプル
さかのぼり調査
コース
サンプルレポート
さかのぼり調査
コース プラス
サンプルレポート
現状把握コース
サンプルレポート
費用 ¥300,000~
※調査対象端末1台につき
¥1,500,000~ ¥400,000~
※調査対象端末1台につき
ご留意事項
  • 調査対象の端末は、郵送または持ち込みにてお送りいただきます。また、郵送時の破損・故障につきましては保証しかねますので予めご了承ください。
  • 夜間・休日の調査実施につきましてはご相談ください。
  • 再発防止のための事後対策コンサルティングはオプションです。
  • 夜間・休日や、特急での調査実施につきましてはご相談ください。
  • 本サービスは調査対象端末の通信パケットを取得いたします。取得にあたりお客様環境のSWのミラーポート設定またはパケットをコピーするハブの設置と必要になります。
  • パケットキャプチャ機器の設置は、お客様の都合に合わせて実施いたします。(夜間・休日の実施につきましてはご相談ください)
  • C2サーバの情報は弊社が保有している脅威情報に含まれるものとなります。
  • 本コースの中で行っている、URLのカテゴリ分類には、デジタルアーツ株式会社の「i-FILTER」を使用しています。
内部不正を食い止めるために、
被害を拡大させないために、
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
専門の調査員が、無料にてご相談を承ります。
問い合わせ電話番号

『内部不正』の再発防止のための製品・サービス紹介

デモと事例で効果的な社員教育を実現『 セキュリティ教育講習

サイバー攻撃の実演デモや具体的なセキュリティ事故・事件の事例を交え、サイバー攻撃の怖さ・セキュリティ対策の大切さを実感するための、一般社員を対象としたセキュリティ教育サービスです。
セキュリティ初心者が飽きずに聞けて、理解もできるセキュリティ教育を実施したい企業様に最適です。

セキュリティの悩みを専門家が解決!『 ホワイトハッカーコンサルテイング

自社のセキュリティ対策実施の相談や自社の現状におけるセキュリティレベルのチェック等、皆さまが抱えるセキュリティの不安・お悩みを解決するための、セキュリティの専門家による「情報セキュリティに関する総合コンサルティングサービス」です。
まずはお気軽にご相談ください。

※「 調査実施例」でご紹介した内容は事例であり、調査結果を保証するものではございません。
※ 調査は、あくまで適法な範囲内で行うものとなります。
※ 事案によっては、調査のご依頼をお受けできない場合もございます。