新着情報|ネットエージェント

ネットエージェント

新着情報

ニュースリリース、メディア活動情報、イベント情報など

年末年始期間における P2Pファイル共有ソフトウェア利用者数調査

ネットエージェント株式会社(本社:東京都墨田区/代表取締役社長:杉浦隆幸、以下ネットエージェント)では、 2013~2014年の年末年始期間における、代表的なP2Pファイル共有ソフトウェアのWinny(ウィニー)・Share(シェア) ・Perfect Dark(パーフェクトダーク)それぞれの利用者数(ノード数)を調査いたしました。
計測日毎の利用者数から、 現在でもおよそ15万人~20万人のユーザが、未だにこうしたP2Pファイル共有ソフトを定期的に利用しているものと推測 されます。

詳細情報はこちら

報道関係者各位
プレスリリース
2014年1月16日
ネットエージェント株式会社
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2013~2014年 年末年始期間における P2Pファイル共有ソフトウェア利用者数調査
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ネットエージェント株式会社(本社:東京都墨田区/代表取締役社長:杉浦隆幸、以下 ネットエージェント)では、 2013~2014年の年末年始期間における、代表的なP2Pファイル 共有ソフトウェアのWinny(ウィニー)・Share(シェア) ・Perfect Dark(パーフェクトダーク)それぞれの利用者数(ノード数)を調査いたしました。
計測日毎の利用者数から、 現在でもおよそ15万人~20万人のユーザが、未だにこうしたP2Pファイル共有ソフトを定期的に利用しているものと推測 されます。

【詳細はこちら】 http://www.netagent.co.jp/product/p2p/report/201401/01.html

そして2013年、警察によって一年間にP2P観測システムを利用した取り締まりの対象とされ逮捕・検挙に至った、 P2Pファイル共有ソフトウェアを利用した違法行為の比率は、 Shareの利用によるものが全体の50%と多く、次いで Perfect Dark、Cabos(カボス)*1、μTorrent(マイクロトレント)*2、と続いています。

*1: LimeWire(ライムワイヤ)等と同じくGnutella(グヌーテラ)ネットワークを利用するP2Pファイル共有ソフト ウェアの一つ。 *2: BitTorrent(ビットトレント)ネットワークを利用するP2Pファイル共有ソフトウェアの一つ。

また、上記の違法行為を犯罪種別の割合で見ると、著作権侵害、著作権法違反によるものが全体の66%と、圧倒的に 多くなっています。
この点からは、共有可能なファイルサイズの制限(上限2ギガバイト)があるWinnyよりも、必然的 により大容量なアニメ、ドラマ、映画をはじめとする、 より高画質な映像系の著作権侵害のファイルが多く流通可能な P2Pファイル共有ソフトの方が、著作権法違反の対象ファイルがより多数流通し、 結果として取り締まりの対象になる 頻度も高くなったという事が推測されます。

さらに、これを年齢層別に見てみると、30代~40代によるケースが全体の78%を占めており、これは一般の社会人に 当てはめれば中堅~ベテラン社員、管理職にあたる年齢と言えます。
一般にP2Pファイル共有ソフトの利用は、まだ 社会的意識の低い10代~20代に多いものと思われがちですが、数値を見る限り、 どうやら実際のところは異なって いるようです。

今後のP2Pファイル共有ソフトを取り巻く情勢としては、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)において検討されて いると既報があったように、 導入後に著作権侵害が「非親告罪」と変更された場合、今後は警察による著作権侵害の 取り締まりが更に強化され、逮捕・検挙者数はさらに増えるものと推測されます。

※ 記事の内容は、すべて弊社調べによるものです。利用者数については、弊社P2P調査システムを利用した数値です。 また、警察による逮捕・検挙者の関連情報については、報道発表などから判明した情報をもとに弊社が独自に集計 を行いました。
【ネットエージェントについて】
ネットエージェント株式会社は、ネットワークセキュリティを専門に行う企業として、13人の発起人によって 2000年6月に設立されました。当時の日本にはまだ馴染みのなかった「ネットワークセキュリティ」分野に火をつけ、 数々の賞に輝く製品・サービスを提供する先駆者として業界をリードし続けております。 昨今では、「the Movie」など、不正に個人情報を窃取するアプリをいち早く発見し、危険性や対策方法を世間に 広めるといった活動を実施しているほか、Androidアプリに内在するリスク評価を行い、ユーザへ情報を開示するサイト 「secroid(セキュロイド)」を立ち上げるなど、Android市場とAndroidユーザの保護に貢献しております。
【プレスリリースに関するお問い合わせは】
ネットエージェント株式会社 企画部
〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-26-5 東京トラフィック錦糸町ビル9階
電話番号:03-5625-1247(企画部直通) FAX番号:03-5625-9008
URL: http://www.netagent.co.jp/
メールアドレス: press@netagent.co.jp

アーカイブ