ネットエージェントでは、『快適でセキュアな企業ネットワーク環境』を手軽に実現する様々な各種アプライアンス・ソフトウェア製品を自社開発しております。

  • サイトマップ
  • English

フォレンジック調査

フォレンジック調査

フォレンジック調査

フォレンジック(forensic)とは、「法廷の」「法医学の」「科学捜査の」という意味であり、特にコンピュータなどのデジタルデータを対象とした電磁的記録の証拠保全及び調査・分析を行う場合は、コンピュータ・フォレンジック(デジタル・フォレンジック)と呼ばれます。フォレンジック調査では、PCのハードディスクから犯罪の証拠となるメールやドキュメントファイルを特定したり、サーバのログファイルから不正アクセスの記録を見つけ出すことによって、インシデントの全容を解明します。

フォレンジック調査が必要となるケースとして、社員による企業の業務情報、個人情報などの不正な持ち出し、Winny/ShareなどのP2P(ファイル共有ソフト)による情報漏えい、コンピュータウイルスの感染などインシデントが考えられます。その際に、被害範囲と影響範囲をすばやく特定することで、原因の解明と関係者(ステークホルダー)への連絡・謝罪、マスコミへの適切な対応をとることができます。

さらに、特定の企業を狙った「標的型攻撃」「脆弱性攻撃」「なりすまし」「踏み台」などの外部からの攻撃や不正行為などに対しても、フォレンジック調査を行うことでインシデント発生の原因を解明し、被害者の部分と加害者の部分を明らかにすることによって、その後の対応としかるべき対策をとることができます。

また、フォレンジック調査を定期的に実施することにより、機密情報の流出などの不正行為の自体の発生を抑止するため、企業がこうむる経済的損失をトータル的に抑えることが期待できます。

自社で調査を行われる場合のご注意

インシデントが発生した場合、自社で調査を行ってしまうと、重要な証拠となるデータの上書きやPCを起動した際にウイルスが実行され、更なる被害を引き起こす可能性があります。また、取引先、エンドユーザに対して報告が必要な事案の場合は、自社の調査だけでは、都合のよいように結果を改ざんしたと疑われてしまい、さらなる信用失墜につながる危険性があります。

サービスメニュー

フォレンジック調査サービス

調査案件ごとに調査項目を決定し、調査対象となるPCの証拠保全を行い、専用の解析ソフト用いてPC、サーバ、USBメモリなどを調査するサービスです。詳細はこちら

PC利用状況調査サービス

調査項目の組み合わせにより調査内容を決定し、調査対象となるPCを直接、専用の解析ソフトを用いて対象を上書きすることなく調査するサービスです。詳細はこちら