ネットエージェントでは、『快適でセキュアな企業ネットワーク環境』を手軽に実現する様々な各種アプライアンス・ソフトウェア製品を自社開発しております。

  • サイトマップ
  • English

製品・サービス

情報流出を調べたい

P2Pネットワークへの情報流出を調べる

一度P2Pネットワークへ流出してしまった情報は、機密性の高い情報であればあるほど不特定多数のP2Pユーザーの手に渡る可能性が大きいため、急速に調査を行い拡散状況と被害範囲を特定する必要があります。

情報流出元の端末を調べる

情報流出をしてしまった際、流出元は分かっていても被害範囲やその原因が不明という状況になってしまうことがあります。不十分な説明を行った結果、さらにステークホルダーの信用を失い、最悪の場合は取引を停止させられてしまいます。

ウイルスの感染によるPCから業務情報の流出、出張途中でのノートPCやUSBメモリの紛失など、思いがけず情報が流出してしまった際、ステークホルダーに対する「説明責任」が生じます。そのためにはまずは、「迅速に、正確に」被害状況と被害範囲を把握し、必要に応じた対策を講じることで、被害を最小限に留めることができます。 また第三者機関による調査を行うことで、意図的な隠ぺい等が疑われることがなくなり、被害者となったステークホルダーに対し、誠意ある説明責任を果たすことになります。

ここでは情報流出が起きてしまった際に必要となる調査と対外的な対応に関するコンサルティングを含めた製品・サービスを紹介しています。

ほかの目的から探す

  • 情報漏えいを防ぎたい
  • セキュリティを始めたい
  • 外部からの攻撃に備えたい
  • 不正・違反を見つけたい

一覧から探す

  • 製品一覧
  • サービス一覧
  • 調査サービス一覧